探偵の調査料金の体系について

探偵事務所の料金体系
探偵に依頼するときに一番気になるのが料金体系です。

初めに提示された額と請求された額が違うということもありますが、これには事情があります。

まずは、気になる料金体系からみてみます。


基本的に探偵の業界では料金体系を整えていませんので、探偵事務所によって料金がまちまちという状態になっています。

業界で統一した見解がなされていれば料金体系が透明になりますが、探偵事務所の独自の価格でプランを組んでいますので事前に依頼する探偵事務所に確認が必要です。


参考までに1つの例を説明させていただきます。

だいたいの探偵事務所では基本料金を設定しています。

基本料金の構成は、基本時間と調査人数で成り立っています。

基本時間とは、調査員が最低でも動く時間のことであり3時間から6時間が目安になっています。

調査員の人数は2名の計算をする探偵事務所が多いのですが、なかには1名で計算する探偵事務所もあります。


この基本料金の他に、調査費、必要経費を請求されるのです。

必要経費は初めに提示された額より超えてしまった分は追加で請求されることもあります。

請求される料金の変動はこのようにして起こります。


上記はあくまでも1つの例です。

他にも探偵事務所によって料金体系が違いますので、依頼する前にくれぐれも探偵事務所に確認をしてください。




(c) 探偵調査員の教育情報WEB